プロテインはタンパク質を手軽に補給出来ると言うメリットから、トレーニーであればほぼ必須のサプリメントと言っても過言ではありません。

 

基本的にはトレーニングをした日、していない日に関わらず毎日飲んでいくものですので、出来る限り飲んでいてストレスや苦痛を感じないようなプロテインを選んでいく事が望ましいです。

 

そしてプロテインを続けて行く上でストレスとなり得るのが、味や泡立ち、溶けにくさと言った点ではないでしょうか。溶けにくく、シュワワワーと泡立っているプロテインを毎回毎回飲んでいると、だんだん飽きてきてしまいますよね・・。

 

美味しくて溶けやすく泡立たないプロテインが私たちトレーニーにとって理想的ですが、なかなかそういった商品は見当たらないものです。絶対何かしら残念ポイントがあるものです。

 

そこで今回の記事では、嫌で続けられない・・!プロテインが泡立つ&溶けにくい時の対処法をご紹介して行こうと思います!是非泡立ちでお悩みの皆さまに参考になれば幸いです。

 

プロテインが溶けにくい時の原因と対処法

 

まずは、どうしてプロテインが完全に溶けてくれないのか、原因について探って行きましょう。

 

恐らくここに書く以外にも原因は隠されているかもしれませんが、一通り思いつく限りピックアップしていきます。

 

1回分の粉の量が多い

 

プロテインが水や牛乳に溶けるだけの量には限りがあります。一定の量までは溶けてくれるんですが、限界を迎えると溶けなかった分のプロテインがダマになると言う訳ですね。

 

基本的に各プロテインの容器や袋に、1回分の使用目安が記載されていると思います。例えば、今私が愛用しているマイプロテインですと、スプーン1杯(25g)で150~200mlの水や牛乳で飲むように推奨されています。

 

確かにこの量であれば頑張ってシェイクをすればきちんと溶けてくれるのですが、これより粉を多くするor水の量を少なくしてしまうと、どれだけシェイカーを振っても一定量のダマが出来てしまうんですよね・・。

 

これ意外と見落としがちなミスだと思います。特にプロテイン歴が長くなると、量をきちっと測って入れなくなり、かつ1回分の粉も多く入れてしまう事ってありますよね。私的にトレーニーあるあるだと思ってます。(笑)

 

この場合であれば、各メーカーのプロテインの用量に従って作ればダマになる事は無くなるはずです。先ほどのマイプロテインでしたら、スプーン2杯(50g)を、300~400mlの水で作ったりなどですね。

 

メーカーによっては溶けにくいものがある

 

プロテインには色々な種類があります。メーカーによってはまるでジュースのようにサラサラ溶けていくものもあれば、量も適切なはずなのに全然溶けてくれないものまであります。

 

これについては仕方がないですね。外れプロテインを引いてしまったと、次回以降は買わないようにするしかないです。体感的には国産のプロテインにこういう傾向が強いような気がするんですよね。

 

これが私がプロテインを国産の物から海外の物にしたきっかけでもあります。基本的にこれまで買ってきた海外製のプロテインは、溶けにくかったりダマになったりが少ないので毎回助かっています。(笑)

 

特に今私が飲んでいるマイプロテイン社のプロテインはきちんと溶けてくれるだけでなく、フレーバーも50種類以上あり、どれもこれも美味しいので、海外プロテインをまだ試していない方はマイプロテインがおすすめですよー!

 

マイプロテインの詳細へ!

 

ミキサーを使ってみる

 

何回シェイクしても一向に溶けてくれる気配が無い・・・。そんな時にはミキサーでグワングワン回してみるのはいかがでしょう。アッと言う間に溶けてしまいます。

 

特に腕のトレーニングをした直後などは、シェイカーを振るだけでもしんどかったりしますが、ミキサーに頼ればそんなちっぽけな悩みは簡単に解決出来てしまうのでおすすめです。

 

ただ、ミキサーでプロテインを溶かすと、回した時の熱でぬるくなってしまう場合もあります。私は胃に入れてしまえば何でも良い派ですが、ぬるいのが嫌だ!と言う方は粉と一緒に氷を適量入れておくと冷たくて美味しいプロテインが出来ますよ!

 

私的にはシェイカーで混ぜるよりもプロテインがよりクリーミーで美味しく頂けますので、最近ではシャカシャカせずにずっとミキサーに頼りっぱなしです。(笑)おかげで腕の太さが3cm細くなりました。

 

ですが、ミキサーを使うのは問題点もあります。ジムから家まで結構距離があるから、自宅でミキサーで混ぜるのはプロテインを飲むまでの時間がかかってしまう・・!と言う方も多いと思います。

 

トレーニング直後は筋肉に一刻も早く栄養を流し込んであげる必要がありますので、30分以上かけて家に帰ってようやくプロテイン!では、遅くなってしまい、トレーニング効果も半減してしまうんですよね。

 

PROMIXXと言う商品をご存知ですか?これはいわゆる電動シェイカーで、普通のシェイカーにミキサー機能が付いている優れもの!スイッチを押すだけで混ぜてくれますので、トレーニング直後にきちんとミックスされた美味しいプロテインを飲みたい方におすすめです。

 

値段は4,000円ちょっととそれなりに値は張りますが、プロテインが溶けにくくて何とかしたい!のであれば、試してみる価値は十分にあると思います。

 

PROMIXXの詳細へ

 

 

プロテインが泡立つ時は?

 

皆さんはプロテインを混ぜるとなった時、どんな感じにシェイクをしますか。恐らくここのページを読んでくださっている方は、多くの方が縦に振るのではないでしょうか。

 

まぁでもそうですよね。街角インタビューで「このプロテインを混ぜて下さい」って一般の方にお願いしてみると、恐らく9割は縦にシャカシャカと振ってしまうと思っています。(笑)

 

ですが、この縦振りが泡立ちを作ってしまう原因です。大きく前後に振ってしまう事で、中の空気も一緒に混ざってしまいますので、余分な空気が取り込まれてそれが皆さん嫌な泡立ちに変換されてしまうんです。

 

ではどうすればプロテインの泡立ちを抑えられるのか。答えは単純なもので、横振りに変える事です。縦に振るか横に振るかのたったこれだけの違いですが、これでほとんどのプロテインが泡立たなくなります。

 

縦に振るよりかは完全に溶け切るまでに時間はかかってしまいますが、泡立ちを抑えてスッキリストレス無く飲みたいのであれば、この振り方に変えてみると世界が変わると思いますよ!

 

泡立ったらしばらく放置するのもアリ

 

ただ完全に泡立ちを防げるかと言われれば微妙なところ。振って混ぜる訳ですから、量は少なくなれど多少は泡立ちも発生してしまします。

 

どうしてもプロテインの泡にウンザリしているのであれば、振って蓋を開けた後にしばらく時間を置いて放置しておくと、いつの間にか泡が綺麗サッパリ無くなりますのでこのやり方でもアリです。

 

ですが、時間を置きすぎると今度はプロテインが下の方に沈殿していきますので、頃合いを見計らって飲むようにして行きたいものです。薄いプロテインって美味しくないですもんね・・・。

 

プロテインの溶けにくさと泡立ちのまとめ

 

工夫次第では、これまで苦痛で仕方無かったプロテインの溶けにくさと泡立ちと言う問題を簡単に解決する事が出来ます。

 

きついトレーニングや食事制限を毎日行うのであれば、せめてプロテインを飲む時間だけは日々の楽しみにして行かないと、精神的にもダウンしてしまいます。

 

量を調節すると言った初歩的な問題から、シェイクを縦から横にすると言った、気付きそうで気づけないものまで色々原因と解決策はありますので、是非とも試してみて下さいね。

 

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。