夏場は薄着になる機会が多いですよね。当然出掛ける事が多い方にとっては、自分の身体を色んな人に見られる機会が多くなっていきます。

 

そんな時に、自分の姿に自信が持てないとイマイチ夏本番を楽しむのって難しいですよね。出来る事なら、自分にとって最高のボディスタイルで楽しく海や都会に出掛けにいきたいもの!

 

そこで今回の記事では、男性も女性も必見の「夏までに痩せる方法」について記事を書いていこうかな、と思っています。夏までに痩せる方法って色々あるんですけど、結局どれが1番自分に合っているのか分からないですよね。

 

ですがご安心ください。恐らくこのページを見終わる頃までには、明日から夏に向けて痩せるためには何をしたら良いのかが一発で理解出来るはずです!実は思っているよりも、簡単に痩せる事って出来てしまうんですよー!

 

以前の記事では痩せるではなく、夏までに筋肉を付ける方法と言う男性向けの記事も更新しました。元々痩せ体質で筋肉を付けたい!と言う方はこちらのページも併せてご覧頂ければと思います。

 

痩せるにも種類がある

 

まず自分が夏までにどう痩せて行きたいのかを思い浮かべてみて下さい。

 

痩せるとかダイエットとか色々とワードはありますが、各個人によってはただ体重を落としていきたいだけなのか、それとも筋肉を付けてカッコよく痩せたいのか、細いシルエットを作りたいのか色々あります。

 

この中で1番理想的な痩せるを目指すのであれば、男性であろうと女性であろうと「筋肉を付けてカッコよく痩せて行く」になります。体重そのものも落ちますし、筋肉のラインが浮き出ながらも細く見せる事だって可能です。

 

この方法は後に詳しく解説をしていくとして、まずはあまりおすすめ出来ませんが体重だけを落としていく方法を先にご紹介しようと思います。(あまりおすすめ出来ませんよー!)

 

体重だけを落とす方法

 

これは特に女性に多い傾向ですよね。体重そのものに捉われてしまって、見た目<<体重となっているパターンです。

 

体重だけを落としていくのであればやり方も至ってシンプル。ご飯を食べなければいいだけです。結局のところ摂取カロリーが少なくなれば脂肪を蓄える事もなく、筋肉も維持出来なくなって萎んでいきます。

 

筋肉と脂肪が落ちてしまえば、残るは骨と皮のみ。恐らくこの生活を3カ月は続けていれば数値は落ちて体重だけを落としたい方にとってみれば満足の行く結果になるでしょう。

 

ですが、ここで質問をしますが、体重だけ落ちて残ったのは骨と皮になった体型。これは本当にあなたがなりたい体型ですか?

 

夏までに痩せられなかった、海やプールに行くまでに後もう1週間しかない・・!と言う場合には、最終手段として試してみるのも良いですが、リバウンドしやすくなりますし、私としましてはこの痩せ方は本当におすすめは出来ません。

 

そうではなく、男性らしい女性らしい魅力的な身体を維持しながら痩せて行きたい!とお考えであれば、このページを閉じずに是非この続きもお読みいただければ幸いです!

 

夏までに痩せるならこの3つ!

 

それではお待たせしました!ここからは、確実に夏までに痩せる方法を3つのやり方に分けて説明をして行こうと思います。

 

筋肉を適度に発達させて綺麗に痩せて行くために必要な事。それはズバリ①筋トレ②有酸素運動③食事制限④諦めない心!の4種類になります。

 

簡単に痩せる裏技をお探しの方、期待に添えられずごめんなさい・・!ですが、これまで何度「楽に痩せる方法!」と言った甘い謳い文句に騙されてきましたか?「試したのに痩せない・・」はもうこれっきりにしちゃいましょ!

 

あえてこのページでは、皆さまに現実を見てもらうためにあえて厳しく行こうと思います。

 

正直なところ、夏までに楽して痩せる方法はありませんし、そんな事を探しているのであれば少しでも身体を動かした方がよっぽど効率が良いですよー!

 

1.筋トレ

 

このサイトのテーマでもある筋トレをやり込む事で、「夏までに痩せる」をより実現までの道のりを狭めてくれる役割をもたらしてくれます。

 

筋肉を動かす事でエネルギーが発生、このエネルギーが身体に溜まりに溜まったにっくき脂肪を燃やしてくれると言う訳です。まさにカッコよく美しく痩せるためには欠かす事は出来ないんですね!

 

でも、「筋トレ・・?私体力無いけど大丈夫・・?」と心配に感じる方も多いと思うんです。元々体力が無いのに、筋トレなんかしたら毎日クタクタで仕事や家事が出来ないよー、って思っちゃいますよね。

 

ですが筋トレと言っても難易度は自由自在に選べます。筋力や体力に自信のある方は、最初からバーベルなどを用いたフリーウエイトで鍛えて行っても良いですし、今まで筋肉を使う機会が少なかった!と言う方であれば自重トレーニングから始めても良いんです。

 

ジムに行けば負荷を自由に調節出来る、マシントレーニングでの筋トレも出来ますので、近くにジムがあると言う方は通ってみるのも痩せる道のりをグンと縮める手助けをしてくれます。

 

もしくは1.の筋トレを一旦飛ばして、2.の有酸素運動から始めて筋トレに必要な体力を付けておくのも1つの作戦ですね。持久力が付くと息切れもしにくくなりますので、筋トレのモチベーションを高める手段にもなります。

 

2.有酸素運動

 

脂肪燃焼を効率良く行ってくれるのが、ウォーキングや踏み台昇降のような有酸素運動です。特に筋トレ直後に行うと、より脂肪が燃える効果を実感出来ると言われています。

 

こちらも一言で有酸素運動と言っても色々種類がありますので、自分の好きな方法で楽しく続けて行くのが良いですね。結局、辛い有酸素運動でも楽しければ長続きする秘訣にもなりますし!

 

ウォーキングやエアロバイクなど日によって取り組む種目を変えてみるのも、夏までに痩せてみせるのだ!と言うモチベーションを維持するために重要な事。毎日外走っていたんでは、走るの好きな方以外は飽きてしまいますもんね。

 

私的におすすめなのが、ジムでハードに筋力トレーニングで鍛えた後に、プールに入ってほてった身体をクールダウンさせながらまったり泳ぐと言うもの。

 

良いクールダウンになりますし、水中は身体にかかる負荷が地上に比べてかなり軽くなりますので、体重が重くてウォーキングだと膝を傷めてしまう心配を抱えている方にもおすすめなんです。

 

3.食事制限

 

夏までに痩せると言う事で、全身に付いたいらない脂肪を削ぎ落していくのであれば、ある程度の食事制限は欠かす事は出来ません。

 

むしろ、どれだけ運動を頑張っていても食べ過ぎて摂取カロリーが消費カロリーを上回ってしまったのであれば、脂肪は落ちて行かずに逆にボディビルダーの増量期みたいな感じになってしまいます。

 

そして何でもかんでも食事を制限していれば良い訳でもないんですよー。よくダイエットをされる女性の方に多いのが、マクロ栄養素と呼ばれる炭水化物、タンパク質、脂質を抜いて野菜ばかり食べるケースが多いですがこれはあまりおすすめ出来ません。

 

確かにカロリーの材料となるこの3つの栄養を摂らなければ、当然体重は落ちて行くんですよ。ですが、何かと悪者に見られがちなカロリーですが、身体や脳を働かせるための重要なエネルギー源になります。

 

まずは自分の基礎代謝がどれぐらいなのかを知り、最低その基礎代謝分のカロリーを摂る事。そしてその中からタンパク質を中心とした食事を摂り、適量の炭水化物や脂質を摂って行くダイエット法が理想的です。

 

ダイエット中に炭水化物や脂質なんて摂っちゃって太らないの・・?って思いますよね。でもご安心ください。きちんと筋トレや有酸素運動などをして身体を動かしているのであれば、太るどころか綺麗に痩せて行きますので!

 

夏までに痩せるための心構え!

 

基本的には上の3つのポイントを意識して生活していれば、どれだけ太りやすい体質の方であったとしても間違いなく痩せて行きます。

 

でも、痩せるとは分かっていながらも続かないのがダイエットと言うもの。そこでここからは4つ目のポイントである「諦めない心」についても掘り下げていこうと思います!

 

以下の事を頭に入れておくだけでも、かなり夏までに痩せる成功率を高める事が出来るでしょう。

 

1.時間が無いからと無理をしない

 

まずは無理なダイエットをしない。これは痩せるためには基本中の基本ですが、意外と守れていない方も多いような気がします。

 

人って食べものや飲み物からエネルギーを貰って生きている訳ですので、痩せると決めた初日からハードな食生活を送っていたんでは、間違いなく続きませんし挫折の原因になってしまいます。

 

ですので、1週間だけ全力でダイエットをする!と、期間を決めている以外であれば、基本的には無理をせずにゆっくり自分のペースで痩せて行く事をおすすめします。無理しても体調を崩す原因にもなりかねませんし・・・。

 

ただ時間が無いから急ピッチでダイエットをする必要がある、と言う状況がそもそも好ましいとは言えません。そのために大切なのが、ポイント2である「痩せる期間を決めておく」が非常に大切になってくるんです!

 

2.痩せる期間を決めておく

 

例えば4月1日から7月1日までをダイエット期間にすると予め定めておくと、「よーし、たったの3カ月だけ頑張ればいいんだ!」と目標が予め決まっているためモチベーションを維持しやすくなります。

 

この時に期間だけでなく目標も決めておくのも良いですね。体重は5kg落とす!でも良いですし、うっすらと腹筋の線が見えるまでお腹の脂肪を落とす!でも良いんです。

 

ただダイエットをするだけでなく、目標があると後はそこ目がけて突っ走って行くだけですので、案外気を楽にしてダイエットに取り組めます。少しでもゴールに近づいているのが分かると、達成感がありますし辛さもモチベーションになるものです。

 

3.結果が出なくてもへこたれない!

 

これも夏までに痩せるためには重要な心構えになりますね。せっかく頑張って来たのに途中で諦めてしまうほとんどの理由が、「頑張っているのに痩せて行かない・・」なんです。

 

でも気持ちも分からなくないんですよ。頑張っているのに体重が落ちて行かない、筋肉が付かない、細くならないと言うのは頑張っている自分を全否定されているようなものですからね・・。

 

実はどんな方でもダイエットを始めた最初は面白いぐらいに体重が落ちて行くんです。それは運動や食事制限を行って、体内の水分が抜けたから。でも肝心な脂肪はなかなか燃えて行きません。水分の減少率が治まり、体重が減らなくなった状態が停滞期です。皆さんも経験ありますよね。

 

ですが、ここが夏までに痩せるを実現させるターニングポイント!

 

少しずつでも頑張っていたのであれば、確実に痩せる準備は整ってきています。停滞期を抜け出せばまた体脂肪は燃やされるようになり、理想の体型にまた一歩近づきます。

 

せっかく途中までダイエットを頑張ってきていた訳ですから、「痩せなかった・・辛い・・」と言って投げ出してしまうのは凄いもったいない事なんです。私も経験あるので痛いほど分かります。でも諦めずに最後までやり切ってみませんか!

 

夏までに痩せる方法のまとめ

 

夏までに痩せるとは言えど、ダイエットとして行う内容はとても基礎的で地味なもの。正直言って余程ボディメイクに楽しみを見出している人でない限り、ダイエットは苦痛でしかありませんよね。

 

ですがそんなあなたに嬉しいお知らせがあります!

 

実は痩せるために必要な筋トレ、有酸素運動、適度な食事制限の3つで作り出した体型は、理想の姿になるまでは大変ですが、一度なってしまえば簡単にはリバウンドしないと言う最高のメリットがあるんです。

 

適度な筋肉を付けておくと何もしないでも燃やしてくれるカロリーである「基礎代謝」が増えますので、これまでと同じような食生活に戻ったとしてもリバウンドする割合はめちゃくちゃ抑えられるんです!

 

ですが、食事だけを抜いた間違ったダイエットですとどうでしょう。体重こそ減りますが、例えるならば水を失ったスポンジのような状態。こんな時にダイエットに折れて暴飲暴食をしてしまったら・・・。

 

乾いたスポンジに思いっきり水を吸収させてみて下さい。あの姿がリバウンドしたあなたの姿です。最初の方に体重だけを落とすやり方も説明しましたが、いかに最悪なダイエットかがお分かり頂けると思います。

 

筋トレは辛いです。でも夏までに痩せたい、最高の身体で海を楽しみたい!とお考えであれば、まずは3カ月間だけでもボディメイキングに全力で取り組んではみませんか?