この前調べてみて意外と調べている人が多いんだなーって思ったのが、筋トレと喧嘩についての関係です。

 

ツールを使って月にどれぐらいの検索数があるのかを「筋トレ 喧嘩」で調べてみたところ、どうやら100~1000人近くが検索をしているみたいですね。もしかしてあなたもその一人?

 

気になる部分ではありますよね。特に強くなりたい人にとってみれば、専門のジムに通って格闘技を習うよりも筋トレの方が圧倒的に取っつきやすさはありますし。マッチョ=強いってイメージもありますからね。

 

実際のところ私の意見になってしまうのですが、筋トレをしてマッチョになれば喧嘩は強くなると思っています。やはり筋肉があれば強い力が出せるようになりますので、喧嘩でも優位に展開を作る事が出来るでしょう。

 

そこで、今回の記事ではどうして筋トレをすると喧嘩が強くなるのか、についてまじめに考察をしてみようと思います。

 

※本記事は筋トレをして喧嘩するのを推奨している訳ではありません。

 

心の声・・(筋トレしてそれを喧嘩に活かそうって考えてるキミ!筋肉が付いてカッコいい身体になれたとしても、それを暴力に活用するのはカッコ悪いぞ!!喧嘩に使おうだなんて浅はかな考えは捨てて、大切なものを守るために身体を鍛えて行こうぜ!)

 

スポンサーリンク

筋トレをすると喧嘩が強くなる理由

 

1.パワーが付くから

 

筋トレをして筋肉が付けば当然ですがパワーが付きます。マッチョにもそれぞれ力がある無いの個人差はありますが、少なくとも筋肉が無い人よりかは力が強いです。

 

喧嘩と言えばもみ合いになる事も多いですが、その時にもパワーがあれば強引にでも力技でねじ伏せる事が可能です。最悪押さえ込んでしまえば相手は何も出来ない訳ですからね。

 

特に格闘技など技術が要求されるのならともかく、素人同士の喧嘩であれば筋トレをしてパワーを付けておいた方が間違いなく有利な試合運びが出来るでしょう。(喧嘩はダメですよ!)

 

2.打たれ強くなる

 

筋トレをして鎧のような筋肉を身にまとえば、相手のパンチやキックをまともに喰らったとしても、筋肉が無い時よりかは痛みを感じなくなるはずです。

 

力を入れていない筋肉はそれほど硬くはありませんが、例えば胸にパンチが飛んできた!と言う時に瞬時に大胸筋に力を込めれば、ぶつかった瞬間には衝撃にはビクともしなくなると思います。

 

他の身体の部位もそうですね。ローキックを脚に喰らったとしても、太もも周りの筋肉がきちんと強化されていればダメージを最小限に抑えられるはずです。筋肉と言う鎧を身にまとうのは、闘いをする上では必要な条件。

 

そこにクッション材の役割も果たす脂肪も適度に混じらせておくとなお良いですね。ただし、あまりに太り過ぎるとフットワークが重くなってしまうので注意!(喧嘩はカッコ悪いぞ!)

 

3.精神力が身に付く

 

筋トレは自分を追い込まなければ結果は付いてきません。街をフラフラと歩いているあのマッチョたちも、何もしないでゴロゴロして筋肉が付いた訳ではなく、週に数回ジムで身体を鍛えています。

 

そして筋トレで自分に負けずに追い込められるようになれば、いつの間にか強い精神力が身に付いているはずです。パンプアップに負けずにバーベルやダンベルを持ち上げている訳ですので、多少の痛みには怯む事なく立ち向かっていけるでしょう。

 

相手との1on1は怯んでしまったらその時点で気持ちで負けてしまっています。相手と向き合った際には、絶対に負けないんだ!と言う強い気持ちを持って立ち向かうのが重要であると言えるでしょう。(喧嘩、ダメゼッタイ)

 

喧嘩に勝つためにはどこを鍛えれば良いか?

 

1対1の喧嘩で勝つためにどこの筋肉を鍛えれば良いか、と言う事ですが、可能であれば全身を満遍なく鍛えておくのが良いでしょう。

 

まず強いパンチを繰り出すために必要な腕や背中の筋肉、胸に強い衝撃を受けても良いように胸の筋肉、キックを喰らっても耐えられるための強い足腰、腹筋ももちろん格闘技などには必要不可欠です。

 

自重トレーニングでもある程度筋肉の鎧は作り出せますが、効率良くかつスピーディに身体を大きくしたいのであれば、ジムなどに通ってバーベルやダンベルなどのフリーウエイトを利用したトレーニングがおすすめ。

 

何をしたら良いか分からない・・と言う方にはベンチプレス、デッドリフト、スクワットのいわゆるBIG3種目が良いですよ。この3種目だけでも全身の筋肉を満遍なく鍛えて行けますので!

 

どこか一つでも身体の中で弱い部分が出てきてしまうと、相手にそこが弱点だと悟られた時に一気に攻められますので弱点は早めの内に克服しておいた方が良いかもしれませんね。

 

こんな記事もいかがでしょう?

 

 

何のために喧嘩をするのか?

 

ただ、ここで1つ疑問です。あなたは一体何のために喧嘩をするのでしょうか。

 

何となく身体をスカッとさせたい、気に入らない人が自分の周りにいるから対戦したい、お互いが了承の上であればお遊びとして捉えられますが、場合によっては相手からしたらいじめにしか感じないケースもあります。

 

あなたが喧嘩のために筋トレをして身体を強くするしないは自由ですが、喧嘩をして勝ちたい、こんな目的のために強くなりたいのかをもう一度胸に手を当てて考えてみて下さい。

 

格闘技を習いましょう

 

若い内は色々エネルギーを溜め込んだり、心も子どもから大人へと移行して行く時期ですので、些細な事でもムカムカしたり喧嘩をしたくなる時もあります。

 

もし、あなたがこれまで喧嘩をしてストレスを発散していたのであれば、格闘技を習ってみてはいかがでしょうか。格闘技であれば競技にもよりますが、合法的にパンチやキックが打てます。

 

喧嘩なんかよりも全然良いですよ。場合によっては対戦相手を挑発するようなパフォーマンスをする事もありますが、リングの中ではルールに則って正々堂々とお互い気持ちよく攻撃を繰り出せますし。

 

喧嘩をしても何にもメリットはありません。ルールもレフェリーもいないのが喧嘩ですから、当たり所が悪くて救急車に運ばれるなど、取り返しの付かない事態になる事も容易に想像が付くでしょう。

 

もし強くなりたい、合法的に攻撃をしたいと思うのであれば、喧嘩なんか辞めて格闘技がおすすめです。強くなるとはどういう事かの本当の意味を、是非その道場で学んできてくださいね。

 

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。