生きている以上、どれだけ気を付けていたって風邪を引くときは引いてしまうものです。

 

毎日たくさん野菜などからビタミンを摂って、外から帰って手洗いうがいをして風邪予防に努めていたとしても、ちょっとの油断で熱が出たり喉が痛くなったりします。

 

私も風邪や体調不良には気を付けて生活していたんですが、減量中でエネルギー不足だったと言う事もあってか、つい先日喉の痛みと鼻水コンボと言う風邪に襲われてしまいましてね・・・。

 

ただここでちょっと気になったのが、風邪を引いている時に筋トレをするとどうなるのか、と。

 

よく、体調を崩している時は筋トレをしてはいけないとは言われていてそれも十分分かってはいるのですが、私みたいに筋トレが好き過ぎるあまり、風邪でも筋トレしちゃうと言う方も多いと思うんですよ。

 

そこで実際に風邪ひいている時にウエイトトレーニングするとどうなるかを、身をもって体験して参りましたので、今現在体調不良だと言う方に少しでも参考になれればと思います。

 

後輩 困る

えぇー..何してんすか先輩。(笑)
風邪の時に筋トレなんかしたら余計悪化しちゃうのなんて目に見えてると思うんですけど!

先輩 えっへん

まぁまぁ。実際筋トレ好きな方って自分に厳しい方がとても多いからね。私みたいに風邪でも筋トレをしたくなる方も少なからずいると思うんだよ。そこで、風邪引いてる時に筋トレするとどんな悲惨な目に遭うのかを予め体験して、皆さんには同じ経験をして欲しくないと思ってね!

スポンサーリンク

引きはじめに筋トレをした時

 

最初ちょっと体調がおかしいな・・?って感じた日には、まず喉の奥が痛くなって鼻水がダラダラと出るような状態でした。

 

でもまぁ、熱や頭痛は無いから筋トレをした所で大丈夫だろうって思っていつも通りに筋トレをしていたんですよね。一応トレーニングメニューも普段通りのを問題無くこなす事が出来ました。

 

「なーんだ風邪の時にも筋トレしても何も問題ないじゃないか!」と思ったのも束の間、翌朝にはより一層喉の奥が痛くて唾を飲み込むのもしんどく、身体もだるくて頭も痛いと言う最悪のコンボを貰いましてね・・。(笑)

 

この時初めて風邪の引きはじめに筋トレをするのは良くないと実感しました。特に20歳を超えたあたりから途端に免疫力も低下するように感じます。社会人の方であればなおさら無理をして筋トレするのは止めておいた方が良いかもしれないですね。

 

治りかけに筋トレをした時

 

熱もあるし頭も痛いんで、風邪のピークを迎えている最中は何も出来なくてゆっくりと身体を安静にしていたのですが、どうしてもこれまで筋トレ漬けの生活をしていたからか、身体を動かせないのが辛くて辛くて。

 

風邪を引いて体調不良になってから3日ぐらいが経過した頃ですかね、かなり症状も良くなったんで軽めに筋トレをする事にしたんです。いつもであればダンベルのような負荷を加えているのですが、腕立て伏せのような自重トレーニングです。

 

やっぱり久しぶりに筋トレが出来るのは気持ちが良いものですね!パンプアップの感覚も懐かしくて、腕立て伏せに留まらずクランチレッグレイズスクワットなどとにかく自重で鍛えられるトレーニングをこなしていったんです。

 

・・・が、翌朝。さすがに自重トレだし風邪もぶり返す事は無いだろう、と油断していたら筋トレの神様のお叱りを喰らったのか、翌朝に頭痛が再発、何と再び風邪の症状に襲われる羽目になってしまいました・・!

 

やっぱり風邪の治りかけに筋トレをするのは良くないんですね・・。ちょっとぐらい大丈夫だろう、と言う甘い気持ちを持ってしまうと私のように風邪をぶり返してしまいます。(笑)

 

完治してから再開したけど・・・

 

さすがに風邪を甘く見過ぎていたので、ぶり返してから完全に頭痛や喉の痛みが治まる4日間は何もせず仕事が終わったら家でテレビやネットをしてまったり過ごす生活を送っていました。

 

そして、体調が完全に優れた所で筋トレを再開しました。ジムの他の利用者に風邪を移す心配も無いだろう、との事で、早速ジムに行っていつも通りのメニューをこなそうと思ったんです。鍛える部位は肩!気合いが入ってます。

 

最初は久しぶりの筋トレと言う事もあり、いきなりフリーウエイトは扱わずにマシンのショルダープレスで試しに筋肉に刺激を与えてみたんですね。すると、問題なくこれまでの重量を挙げられたので、いてもたってもいられずバーベルショルダープレスに取り組んだんです。

 

今思えば何て馬鹿な事をしたんだろうと凄い後悔してます。風邪で鈍っていた身体は思っている以上に筋肉が弱くなっていたのか、メインセットの重量で鍛えている時に僧帽筋から首筋にかけてを思いっきり傷めてしまいましてね。

 

例えるなら寝違えた時の2倍から3倍ぐらいの痛みですね。もう、ただ歩いている衝撃だけでズキズキ響くように傷みますし、一度寝転がったならば、起き上がるのが凄いしんどくて一生寝転がったままでいたかったぐらいですから。(笑)

 

以前も同じような傷め方をして、2日で治ったので今回もそのぐらいで治るだろうと思っていたんですが、完全に首筋の痛みが取れるまでに丸々1週間かかりました。その間はもちろん上半身のトレーニングは出来ません。

 

筋量もめっきり落ちてしまい、たったの1週間で体重が3kgも減ってしまいました。まぁ一応減量中だったので、余分な脂肪を落とす事が出来たとポジティブに捉えるようにはしていますが。

 

後輩 困る

ほーら言わんこっちゃない・・。(笑)風邪で筋トレしても何1つ良い事無いじゃないですか!一応体重は減ったと言っても、脂肪だけが落ちたんじゃなくて筋肉もごっそり落ちたんじゃないですか?

先輩 困る

物凄い落ちちゃったねー・・。丸々筋トレしなかった時期が1週間ぐらい続いたんだけど、こんな短期間だけでも一目で分かるぐらい筋肉が落ちた。一応その後はトレーニングに復帰出来たけど、扱う重量もかなり落ちちゃってモチベーションを取り戻すまで大変だったよ。

風邪を予防するためには?

 

筋トレ自体は身体を強くするために必要不可欠ですが、身体の免疫機能までも高められるかと言えば全くの逆。

 

ウエイトトレーニングなどで身体を酷使させる分、体力を回復させるために多くのビタミンなどの栄養素が使われますので、慢性的に体調を崩しやすい環境にあると言っても過言ではありません。

 

そこで、まずは筋トレをしながら風邪を引かないようにするためにも、日常の取り組みで簡単に出来る風邪の予防法についておさらいして行きましょう。毎日欠かさずこれらを行うのが大切ですよー!

 

1.ビタミンなどを多めに摂る

 

身体を鍛えていると、タンパク質や炭水化物などの摂取量は気に掛けるものですが、逆に野菜などビタミンやミネラルの摂取量について疎かになってしまう、そんな経験もあるかと思います。

 

確かに身体を大きくして行くためにはタンパク質>>ビタミンなため、どうしても野菜などの優先度は低くなってしまいますが、ビタミンの摂取量が少なくなってしまいますと、いつか油断をして私のように風邪を引きます。

 

出来る事なら食事から良質なビタミンミネラルを補給するのが理想的であるのですが、どうしても食が細かったりなどで野菜を詰め込むキャパシティが無いのであればサプリメントなどから上手にビタミンを補給するのも大切。

 

私もあまり野菜は好きではなく、最低限の量しか食べていませんが、サプリメントのおかげで何とかなっているのかなーと思います。ビタミンを摂れば必ずしも風邪を引かなくなる訳ではありませんが、予防としては最適だと思ってます。

 

2.帰宅後は手洗いうがいを徹底する

 

冬場などは乾燥している事が多いため、帰宅をしたら手洗いうがいを習慣にしている方も多いと思います。ですがこれは年中通して実施した方が良いのかな、と思いました。

 

今回私が風邪を引いたのは季節の変わり目である10月でしたし、夏が終わって1番油断しやすい時期のようにも感じてます。

 

特にジムで鍛える場合、ダンベルやマシンなど色んな人が触っている訳ですのでウイルスなどが手に付着する可能性も多いですもんね。風邪であっても無茶してジムに来る方も少なからずいらっしゃると思いますし。

 

手洗いうがいであれば最低30秒もあれば出来ますので、時間がかかって面倒くさいと言う事もないかと思います。むしろ対策を怠って風邪を引く方がよっぽどだるくてしんどいって痛感しましたよホント・・。(笑)

 

後輩 キラリ

やっぱり風邪を引かないようにするためには、ビタミン摂ったり手洗いうがいしたりと基本的な事が重要なんですね!

先輩 ガッツ

そうだね。でもトレーニング優先の生活を送っているとどうしても野菜の摂取量は無意識に少なくなりがち。ちょっとした油断が風邪の原因になってしまいますので気を付けましょう!

再開する時は軽めの重量から始める

 

風邪が治った時は嬉しくていきなり今まで通りの重量でトレーニングしたくなってしまうものですが、これでは私と同じように風邪を悪化させたり筋肉を傷めてしまう可能性が高いです。

 

ですので、治った1発目のトレーニングは出来る限り軽めのウエイトを使って慣らすつもりで身体を鍛えるのがおすすめです。極端な話し、ベンチプレスであればバーのみの20kgとかでも全然アリです。

 

1日休むと取り戻すのに3日かかると言われている通り、風邪で数日ダウンすると思っている以上に筋力と体力は失われています。焦ってしまう気持ちも分かりますが、まずはゆっくり身体を労わりながら力を取り戻していきましょう!

 

先輩 ガッツ

記事を最後までお読みいただきありがとうございました!他のページも、私と後輩君の2人で面白おかしく会話形式で伝えていければと思ってます。宜しければ是非、別のページもご覧になって下さいね!