男性であれば背中で語れる大きな広背筋に憧れますし、女性であれば魅力的な腰回りに憧れを抱くもの。

 

そしてそんな理想的な背中に自分もなりたいと、日々デッドリフトで筋肉を鍛えている方も非常に多いのではないでしょうか。

 

脊柱起立筋を始め、大殿筋や僧帽筋にも効かせられるデッドリフトは、肉体改造をして行く方にとっては必須な種目であると言えます。

 

ですが、そんなデッドリフトにもいくつか種類があると言う事をご存知ですか?実は、フォームややり方を少し変えるだけでも刺激が加わる部位が異なってきたりするんですよ!

 

今回は、デッドリフトにはどんな種類があるのかを、やり方やこんな方におすすめ!と言った具合に、紹介をして行こうと思います。

 

デッドリフトの種類一覧

 

一般的なデッドリフト

 

 

まずは基本的なデッドリフトです。

 

恐らくジムに通っている方やホームトレーニーの多くが、こちらの種類に取り組んでいるのではないでしょうか。

 

バーベルをフロアに設置し、足を肩幅よりもほんの少し広めに開き、しっかりと呼吸を行いながらバーを上げ下げして行きます。

 

メインとして使われる筋肉は、脊柱起立筋や大殿筋などの身体の中でもトップクラスに大きな筋肉を鍛え上げて行きます。

 

高重量になってきますと非常に腰を傷めやすい種目となっていますので、トレーニングベルトを装着するなど怪我防止に努めて行きましょう。

 

デッドリフトのやり方やフォームのページへ!

 

スモウデッドリフト

 

スモウデッドリフトは、まるで力士が四股を踏むかのごとく足幅をかなり広げて行うデッドリフトのため、この呼び方になったのだそうです。

 

高重量を扱う事が出来ますので、しっかりと背中に刺激をガンガン加えて行きたい方や、デッドリフトそのものの記録を更新して行きたい方におすすめです!

 

このスモウデッドリフトの大きな特徴は、足の幅を大きく広げるため、脊柱起立筋よりかはお尻の筋肉である大殿筋や内転筋を鍛えたい時におすすめのデッドリフトの種類です。

 

そのため、背中の筋肉を大きくしたい!と言う場合には、このデッドリフトはあまり向いていないような気もします。普通の種類か、以下のトップサイドデッドリフトをおすすめします。

 

スモウデッドリフトについてのページへ!

 

スモウデッドリフトはこんな方に!

 

  • 下半身の筋肉を著しく発達させたい!
  • スクワットだけでは物足りない!
  • ヒップアップをメインにしたトレーニングを行いたい!

トップサイドデッドリフト

 

スモウデッドリフトがお尻や太もも周りの筋肉がメインで使われるのであれば、こちらのトップサイドデッドリフトと言う種類は背中のみにピンポイントで効かせることが出来ます。

 

バーベルの位置が床引きデッドリフトの場合はフロアからスタートするのに対して、こちらの場合は膝よりもほんの下付近から動作が始まるのが1番の特徴となっています。

 

そのため、腰を傷めるリスクも一般的なデッドリフトの種類よりは大きく軽減されていきますので、筋トレを始めたばかりの初心者さんにもおすすめの種目なんですよ!

 

脊柱起立筋や広背筋、さらには僧帽筋など上半身の後面をメインに鍛えて行く種目ですので、身体を鍛えたいけど出来る限り脚を太くしたくない方にもおすすめです。

 

トップサイドデッドリフトについてのページへ!

 

トップサイドデッドリフトはこんな方に!

  • 筋トレを始めたばかりの初心者
  • 腰を傷めるリスクを少しでも減らしたい
  • お尻や太ももはあまり太くしたくない方

 

 

ルーマニアンデッドリフト

 

デッドリフトは一般的には背中を鍛えるトレーニングと言う印象を受けますが、こちらのルーマニアンデッドリフトと言う種類ではハムストリングスをメインに鍛える事が出来ます。

 

特徴としましてはなるべく脚の幅は開かず、お尻を後ろに突き出すようなフォームで行っていくこと。これにより太ももの裏側に刺激が入りやすくなるんです。

 

トレーニーの方なら分かると思うのですが、ハムストリングスって発達させるのって凄い難しいんですよね。そうした中でもこのルーマニアンデッドリフトに取り組んでいく事で、盛り上がった立派な太ももを手に入れる事が出来ます。

 

男性のみならず女性にとっても有益で、天敵せあるセルライトを防止してくれる効果もあるので、男女問わず積極的に取りいれて行きたいデッドリフトであると言えますね!

 
ルーマニアンデッドリフトについてのページへ!

ルーマニアンデッドリフトはこんな方に!

 

  • 背中ではなくハムストリングスを鍛えたい
  • 走力アップなど、スポーツに活かしていきたい
  • 太ってしまって出来たセルライトを何とかしたい

ダンベルデッドリフト

 

近くにジムが無かったり、まだまだ学生でジムの会費を払えるだけのお金が無いと言うトレーニーの方も多いと思います。

 

ジムに行きたい・・・!でも行けない・・!それでも背中を鍛えたい・・!そのような方におすすめなデッドリフトの種類が、このダンベルデッドリフトです。

 

横に長いバーベルを必要としませんので、畳一畳分のスペースさえあればどこにいたって鍛える事が出来るデッドリフトはこれしかないでしょう。

 

扱える重量は、比較的軽くなってしまうため熟練者からしてみれば物足りないかもしれませんが、初心者であれば怪我のリスクも減らせますので1番最初に取り組んでも良いデッドリフトでもあります。

 

今後自宅にダンベルセットを購入するのであれば、目安として女性であれば20kgセットのダンベルを、男性であれば60kgセットのダンベルを購入するとトレーニングがはかどるかもしれません。

 

ダンベルデッドリフトについてのページへ!

 

ダンベルデッドリフトはこんな方に!

 

  • 何らかの事情でジムに通えない方
  • なるべく外には出ず家でトレーニングをしたい方
  • 低重量のデッドリフトから身体を慣らしていきたい方

デッドリフトの種類まとめ

 

このように、単にデッドリフトと言っても色々な種類がある事が分かったかと思います。

 

それぞれのデッドリフトには異なる特徴がありますので、身体の中でも特に自分が弱いなーと感じている部分に効く種類を重点的に鍛えてみてはいかがでしょうか。

 

例えば、太ももの前側の筋肉や腰の筋肉は非常に発達しているんだけど、ハムストリングスだけペターンとしているなあと感じるのであればルーマニアンデッドリフトが良いですね。

 

逆にお尻やハムストリングスなどの下半身の筋肉は分厚いのに、背中にもっと厚みが欲しいと言うようであればスモウデッドリフトではなく、トップサイドデッドリフトを重点的に取り組むなど、自分の弱点を補えるデッドリフトを行うと全身の筋肉をバランス良く鍛えられるようになります。