ここにいる誰よりもベンチプレスで1番重い重量を挙げたい!

 

ジムで本格的に筋トレしている男性なら誰しも1回はこのように考えた事がありますよね。

 

確かに高重量を挙げれば偉い訳ではないんですが、他の人よりも挙げられるんだ!と自信に繋げる事だって出来ます。

 

私もそんな事を考えながらこの間ベンチプレスをしていたんですが、ふと「この世で1番ベンチプレスを挙げられるのは誰なんだろう・・?」と思い付いてしまいましてね。

 

気になりませんか?皆がヒーヒー言いながら挙げているベンチプレスの世界記録保持者は一体誰なんだ!?そして世界記録は何kg持ち上げるのか!?と。

 

そこで今回の記事では、ベンチプレスで世界記録を打ち立てた人物についてまとめて行こうと思いますので、興味のある方は是非とも最後までご覧ください!

 

ベンチプレスの世界記録保持者(2017年暫定版)

 

それではベンチプレスの世界記録保持者をご紹介します。

 

その人物の名は「ポールタイニーミーカー」。彼は何とベンチプレスで500kgを挙げる世界一の力持ち!

 

トレーニングをしている皆さんであれば、500kgがどれぐらい重いのかなんて簡単に想像が出来ますよね。ベンチプレス初心者を抜け出す頃であると言われている重量が100kgですが、世界記録保持者のポールはその5倍も持ち上げるんですから・・・。

 

彼からしてみれば100kgなんて朝飯前でしょうね。軽々と50回ぐらいは口笛を吹きながらでも挙げてしまいそう。

 

後輩 びっくり

べ、ベ、ベ…ベンチプレス500kgだってぇーー!!僕なんかせいぜい頑張っても50kgが精いっぱいだよ。だからつもりその、僕の挙げてる10倍は持ち上げちゃうって事?どれだけ馬鹿力を持っているんだ彼はーー!!

 

morison

まぁ専用の力が入りやすいユニフォームを着ているからってのもあるけど、それにしてもベンチプレス500kgは尋常じゃないよね。ちょこんと動かしているだけに見えるけど、まず普通の人ならラックアップしようとしてもビクともしないからね…。いやー恐るべし。

スポンサーリンク

 

ベンチプレスのワールドレコードを叩きだした瞬間!

 

ベンチプレスの世界記録を調べていきましたところ、何とポールが世界記録を打ち立てた瞬間の動画を発見致しましたのでシェアをして行きます!

 

その動画がこちら。↓

 

 

まずは挨拶代わりにベンチプレス405kgを2レップ。いやいや既に桁が半端じゃない・・。(笑)日本人でも300kg以上を挙げられる人なんてほとんどいないと言うのに。

 

そして続けざまに455kgをこちらも持ち上げ。まだまだ余裕がありそうなご様子です。490kgも難なくこなし結局前人未踏の500kgもバーが傾いてはいましたが何とか挙げてしまいましたね・・。

 

後にも先にもポールタイニーミーカーのこのベンチプレス世界記録500kgを破る人間はそうそう出てこないでしょう。

 

身長が小さい方がベンチプレスは有利なの?

 

動画を見ていて何か気づいた点はありませんか?

 

そう、ベンチプレスの世界記録保持者のポールタイニーミーカーさんですが、実は身長はそれほど大きくなく175cmなのだそうです。

 

体はガッチガチな筋肉で覆われているだけあって、180cmは超えているものかと思ったらそこまで身長は大きくなかったようですね。ですが、実は高重量のベンチプレス挙げる時は身長が低い(=手が短い)方が有利であると言われています。

 

ベンチプレスの世界記録を争う競技では、腰を思いっきり反らせて胸を張ります。そして腕を伸ばしきらないと成功にはなりませんので、腕が長い選手は挙げる距離もその分だけ長くなってしまうため、ベンチプレスと言う競技においては不利になってしまうんです。

 

その点、ポールさんの場合は胸板がもの凄く厚い上に、腕の可動域も狭くて済むわけですから有利であると言えますね。

 

このような条件が整っていたため、今回この動画にもあるようにベンチプレス500kgの世界記録を樹立出来たのではないでしょうか。

 

後輩 キラリ

ふむふむ、ベンチプレス500kgですか。実際ここまで到達するためにはどんな練習をして行けば良いんでしょうかね?


 
先輩 注意

やっぱり常人では考えられないようなヘビートレーニングをしてると思うよ。ベンチプレスをやり込むのもそうだし、ダンベルフライとかチェストプレスなど色んな角度から鍛え上げているんじゃないかなー。もちろんこの身体を作り出すためには、1日に物凄いカロリーを摂らないとこうはならないしね。…ってまさか後輩君、ベンチプレスの世界記録を目指すつもりじゃないよね?


 
後輩 キラリ

・・・!!


 

ベンチプレス500kgは人類でも限界に近い

 

ベンチプレスの歴史は意外と短く、今から27年前の1990年では325.73kgが世界記録だったのだそうです。

 

それが2017年の現在では500kgを到達した訳ですから、今後さらに記録は伸びて行き600kg、700kgまで伸びるのでは!?と思っていましたがどうやらそれは難しいようです。

 

と言うのも、人間が持ち上げる事の出来る重量は医学的には今回ポールさんが持ち上げた500kgが限界だろうとされています。いくら筋力を高めようと、骨が重量に耐えきれなくなってしまうんですね。

 

無理して持ち上げようとすると腕が粉々に砕けてしまうんですって。ですので、今後はベンチプレスの世界記録は伸びて行く事は無く、500kg到達者が何名出るかがカギになってきそう。

 

ちなみに、デッドリフトの世界記録も500kgとなっています。

 

もし、500kgを超えて550kg、600kgを持ち上げるような方が出てきましたら、その方は人間ではなくロボットである可能性が高いと言えるでしょうね・・・!

 

ベンチプレスのトップページへ戻る!